ひじが黒くなってしまう原因とは

元々体の内部を守るために生成されるメラニン色素が、実はひじを黒くしている成分なのです。

メラニンを含んだ古い角質が厚く重なることにより、ひじはますます黒ずんで見えていきます。

特に、分厚く残ってしまったひじの皮膚は新陳代謝がスムーズに行えなくなり、長い年月を経て色素沈着をしてなかなか落ちなくなります。
そして、色も質感もどんどん黒く硬くさせていくのです。

日常で起こる些細な「摩擦」もひじの黒ずみを作ってしまう大きな原因のひとつだと言われています。
ひじが擦れると摩擦が起きて、肌が直接のダメージを受けてしまいます。
摩擦によって角質層が発達し、メラニンを作る細胞であるメラノサイトが刺激されてメラニン色素が生成されます。

皮膚は一つ一つの細胞の集まりでできているのですが、メラニン色素を含んだ細胞が多くなると、一層黒ずんで見えてしまいます。
服との些細な摩擦も日常的に起こりますが、これもひじを黒くしてしまう原因のひとつです。
ひじには摩擦による小さなダメージが日々蓄積され、その結果色素沈着を起こし黒ずんでいくのです。

黒ずみが気になるあなたは下のURLからどうぞ!
https://cieaneo.xyz