顔たるみが起こる原因と解消方法について

表情筋が弱くなって皮膚を支えきれなくなっていることと、皮膚の保湿力低下が、顔のたるみの原因です。表情筋はその上にある皮膚を支える役目を担っており、表情筋が弱くなれば皮膚を支えきることができずに顔のたるみを引き起こすことになります。表情筋は、笑ったり、怒ったりと表情を変える時に使うほか、固いものを食べたり、大きく口を開けて話をする時によく使います。表情筋を強化することて、皮膚を支える力を強化し、顔のたるみを解消することができます。あ、い、う、え、お、の5音を、口をはっきりと動かしながら発声することで表情筋は鍛えられます。声を出すと都合が悪い人は、声を出したつもりになって口の動きだけを練習してみるといいでしょう。表情筋を意識して使うには、歯応えのある食事をしたり、よく噛んでから食べる週間をつけるといいようです。やりすぎると筋肉が疲れてしまって顔のたるみ解消どころか、たるみに悪影響を与える心配があるので注意しましょう。老化によって顔のたるみが目立つようになるのは、年をとると皮膚のコラーゲンの生成力が低下するためです。重力がある中で、ピンと張った肌を維持するには、コラーゲンの弾力が欠かせません。年をとるとコラーゲン不足によるたるみが起きやすくなります。サプリメントでコラーゲンを摂取することで、食事だけでは不足しているコラーゲンを手軽に補うことができるので、肌の調子を整えるためによく使われています。大した手数を要さず、身体が必要としているコラーゲンを簡単に体内に取り入れられることが、コラーゲンサプリメントのいいところです。フレンチブルドッグ ドッグフード